スキップしてメイン コンテンツに移動

イタリアの車事情

今般はタイに関して綴った前ブログ記事に引き続き、イタリアに焦点を当て

車やカーナビ、道路事情について書かせて頂きたいと思います。










皆さんはイタリアの車と聞くと、何を思い浮かべますでしょうか。

やはりアルファロメオ、フェラーリ、ランボルギーニ、マセラッティーあたりでしょうか。

どれも高級車でデザイン性にも非常に優れた車種ばかりです。

 

只、フィアット(イタリア)、プジョーやルノー(フランス)、ボルボ(スウェーデン)、

ベンツやフォルクスワーゲン(ドイツ)等の欧州車もイタリアの街ではよく走っています。

 

そして、日本車ではトヨタ、日産、スバル、マツダが市民権を得ているメーカーです。

 

イタリアでは往々にして駐車場が狭い傾向がある為、

日本のようにファミリーカー(セレナ、ボクシー、ベルファイア等)は少なく、

78人を乗せて移動するのは少ない現状があります。

又、夫婦の共働きの家庭が多い為、夫婦で5人乗りを2台持つことを優先し、

大型車でも5人乗りが主流です。

 

日本の車文化と比較して他にも異なる点は、

総体的にイタリア人はデザイン性やスピード及び加速力に重点を置く傾向があり、

スポーツカータイプを好む人が多いという国民性もございます。

 

カーナビに関しては、純正を付ける人はあまり多くはないのですが、

代替としてスマホの交通案内アプリを使う人はおります。

又、意外な面としては、カーナビでテレビやDVDを見ることを知らない人もいて、

見れることに驚く時もあります。

カーナビの浸透度がまだあまり高くない傾向がありますが、

一部の富裕層やカーナビファンは重用しております。

 

イタリアの道路はまだまだボコボコの道が多く、

一般道の整備が行き届いていない現状がございます。

高速道路は問題ないのですが、日本のように舗装された道路が少なく、

アスファルトの一部が膨れていたり、窪んでいる所もあります。

 

又、イタリアの道路の特徴的な側面は、

旧市街には石畳の道が多く、中世ヨーロッパ時代から続く文化として残っています。

昔の建物が多い古い街並みにアスファルトの道路があると景観が崩れる為、

外観をレガシー(遺産)として重要視する傾向があります。

 

イタリアのことをグルメやスポーツ、ファッションといった側面から沢山の人が

関心を持っておりますが、車や道路といった面に着目することも興味深く感じます。

 

前ブログ記事のタイと同様に、日本ではカーナビの使用が極々自然な流れですが、

総体的にイタリアでは日本ほどの普及率に達していない現状があります。

これは逆を言えば、まだまだ裾矢が広い分野と言えるのではないでしょうか。

 

スマホがある程度の年数を経て、右肩上がりに世界中に浸透したことのように

カーナビがイタリア国内を席巻するような時代がいつの日か来るかもしれません。

 

今後もイタリア語の案件をより多く受注出来る様に邁進して参る所存です。







 

【事業内容】

■ 翻訳・通訳 

■ 海外現地通訳 

■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正

■ 映像翻訳

 

516-0221

三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地

TELFAX0599-69-3737

 

通訳・翻訳 

株式会社ゼファートランスレーション

 

HPhttps://www.zephyr-translation.co.jp/

 

YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCUu-S5-Ae9V-jT85hB6mjLw

 

Facebookhttps://www.facebook.com/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BEZephyr-Translation-963580727156235/?

 

Twitterhttps://twitter.com/home?lang=ja

 

eid=ARA6CasMJ4FrnlzfCMNL_AfafSTFxnGv1MocIayYT8CgEe3N9oSj_k4hnFKH9mTHl7kl4TM-HwldLKWD

 

Instagramhttps://www.instagram.com/zephyr_translation/

 

Ameblohttps://ameblo.jp/zephyrtrans

 

コメント

このブログの人気の投稿

HP英語版の完全復旧

一部不具合が生じていた弊社HPの英語版の全ページが閲覧可能となりました。     株式会社ゼファートランスレーション 代表取締役 田岡 悠一 【事業内容】 ■ 翻訳・通訳  ■ 海外現地通訳  ■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正 ■ 映像及び音声翻訳 〒516-0221 三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地 TEL&FAX:0599-69-3737 通訳・翻訳会社 HP : http://www.zephyr-translation.co.jp/

「たられば歓迎」の考え方 ~Road to the new You~

「後悔先に立たず」という言葉がございますが、 ご周知の通り、何かネガティブなことが起こり、後から色々思うことがあったとしても 取り返しのつかない状態になっていることを意味する言葉です。 それがまごうとこなき現実ですが、着眼点を変えて後ろ向きな印象が色濃いことに 意図的に焦点を置いて考えてみました。   そう考えた理由は「後悔」と「向上」は表裏一体であると考えるからです。 悔やんでも好転しない状況ばかりを嘆くよりは 何故後悔しているのか、どうして失敗したのかの経緯と原因を俯瞰視し、 その反省材料を次に活かすことで自身の成長に繋がると確信しております。   「あの時ああしていたら失敗しなかったかもしれない」 「こう言えば・こうすれば良かったのかもしれない」 といった具合に過去を出来る限り客観的に遡及し、 「次は違うやり方を講じよう」と同じ轍を踏まない予防線にアンテナを張ることが レベルが上がった自分に出会える入口になると日々思っております。 「たられば」だけでくよくよしているだけでは未来の成功への糸口にはなりませんが、 「たられば」から派生する向上材料を出来る限りアイデアとして頭の中にストックし、 言動と行動に於いて違うアプローチを試みることで 今度はうまくいくかもしれないと期待感を抱いた方が 心が必然的にわくわくしてくるものだと思います。   何をどうするかは個人の選択の連続で、且つアプローチは千差万別ですが、 少ない選択肢に凝り固まるよりは他のインスピレーションを自己的に受容することで 仕事人としても人間としても幅が広がるきっかけに成り得ると思います。   柔軟性を持って臨機応変に常に生きていくことは非常にむずかしいことと存じますが、 極力意識的にそういう自分でありたいと思う気持ちを持つことこそが 既に上のステップに向かっている証なのではないでしょうか。   「後悔」という気持ちは度合いによっては 「満身創痍」の意味合いも兼ねるケースもあるかもしれませんが、 「向上」は「日進月歩」というベレルアップの軌跡を歩んでいると強く思います。   そういった気持ちを胸に今後も粉骨砕身で日々の業務に邁進して参ります。   【事業内容】

自身に自信を持つことの肝要さ

「自信」というものは確かなモノのようで時に不確かで、 不確かに見えて確かなモノだと思います。 そして、一生成長していくモノだと確信しております。   自信を持つと人は明らかに変わります。 輝きます。 何故か惹きつけられる人・オーラがある人は上記に該当するのではないでしょうか。   では、自分に自信を持つことによって具体的に何が変わるのでしょうか。 小生は「全て」だと思っております。 どんな分野でもいいから、たった一つでもいいから人に胸を張れることを持つことで 社会的な承認欲求が満たされ、人に認められることにより、 人間性にも予想以上の多大な影響を及ぼす筈です。   一例として、性格が明るくなることは間違いないと考えます。 社交性が高まり、友人・知人が増えていくポジティブな流れに乗ります。 その新たな出会いと共に、違う分野の人達から好奇心をそそられ、 知識や経験のタワーが積み重なっていくことを感じます。   「類は友を呼ぶ」という言葉は、まさに的を射ていて、 陽気な人には陽気な人が寄ってきたり、 思い遣り深い人には同類の人達が友達になるんだと思います。   尚且つ、「自信」に関して非常に興味深いと思うことは、 自信は段階的に成長していく生きモノであることだと確信しております。   とどのつまり、「一生成長期」の階段を登っていく楽しさがあると考えます。   小生自身、起業してから幸運にも多くの案件の受注を頂いておりますが、 その中でも難易度の高い案件・自分の限界を突破する必要がある案件を クライアント様の期待以上にご満足頂ける形で完了出来た時は、 一つ上の「自分」と知り合えた様な嬉しい感覚になります。 そして、その「限界突破」は更に難しい案件がやってきた時に もう一段上に昇る導きを与えてくれると思っております。   その繰り返しでレベルアップを続け、成長することに酔い、 仕事を通して自身の人としての幅や感性を高めることに繋がることは この上ない極上の「おいしいモノ」に成り得ます。   仕事をしていると必ず壁がやってきますが、 拒否反応と同じ位、歓迎の気持ちを持てたら、 その時点で勝利への軌跡が始まって