スキップしてメイン コンテンツに移動

イタリアの車事情

今般はタイに関して綴った前ブログ記事に引き続き、イタリアに焦点を当て

車やカーナビ、道路事情について書かせて頂きたいと思います。










皆さんはイタリアの車と聞くと、何を思い浮かべますでしょうか。

やはりアルファロメオ、フェラーリ、ランボルギーニ、マセラッティーあたりでしょうか。

どれも高級車でデザイン性にも非常に優れた車種ばかりです。

 

只、フィアット(イタリア)、プジョーやルノー(フランス)、ボルボ(スウェーデン)、

ベンツやフォルクスワーゲン(ドイツ)等の欧州車もイタリアの街ではよく走っています。

 

そして、日本車ではトヨタ、日産、スバル、マツダが市民権を得ているメーカーです。

 

イタリアでは往々にして駐車場が狭い傾向がある為、

日本のようにファミリーカー(セレナ、ボクシー、ベルファイア等)は少なく、

78人を乗せて移動するのは少ない現状があります。

又、夫婦の共働きの家庭が多い為、夫婦で5人乗りを2台持つことを優先し、

大型車でも5人乗りが主流です。

 

日本の車文化と比較して他にも異なる点は、

総体的にイタリア人はデザイン性やスピード及び加速力に重点を置く傾向があり、

スポーツカータイプを好む人が多いという国民性もございます。

 

カーナビに関しては、純正を付ける人はあまり多くはないのですが、

代替としてスマホの交通案内アプリを使う人はおります。

又、意外な面としては、カーナビでテレビやDVDを見ることを知らない人もいて、

見れることに驚く時もあります。

カーナビの浸透度がまだあまり高くない傾向がありますが、

一部の富裕層やカーナビファンは重用しております。

 

イタリアの道路はまだまだボコボコの道が多く、

一般道の整備が行き届いていない現状がございます。

高速道路は問題ないのですが、日本のように舗装された道路が少なく、

アスファルトの一部が膨れていたり、窪んでいる所もあります。

 

又、イタリアの道路の特徴的な側面は、

旧市街には石畳の道が多く、中世ヨーロッパ時代から続く文化として残っています。

昔の建物が多い古い街並みにアスファルトの道路があると景観が崩れる為、

外観をレガシー(遺産)として重要視する傾向があります。

 

イタリアのことをグルメやスポーツ、ファッションといった側面から沢山の人が

関心を持っておりますが、車や道路といった面に着目することも興味深く感じます。

 

前ブログ記事のタイと同様に、日本ではカーナビの使用が極々自然な流れですが、

総体的にイタリアでは日本ほどの普及率に達していない現状があります。

これは逆を言えば、まだまだ裾矢が広い分野と言えるのではないでしょうか。

 

スマホがある程度の年数を経て、右肩上がりに世界中に浸透したことのように

カーナビがイタリア国内を席巻するような時代がいつの日か来るかもしれません。

 

今後もイタリア語の案件をより多く受注出来る様に邁進して参る所存です。







 

【事業内容】

■ 翻訳・通訳 

■ 海外現地通訳 

■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正

■ 映像翻訳

 

516-0221

三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地

TELFAX0599-69-3737

 

通訳・翻訳 

株式会社ゼファートランスレーション

 

HPhttps://www.zephyr-translation.co.jp/

 

YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCUu-S5-Ae9V-jT85hB6mjLw

 

Facebookhttps://www.facebook.com/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BEZephyr-Translation-963580727156235/?

 

Twitterhttps://twitter.com/home?lang=ja

 

eid=ARA6CasMJ4FrnlzfCMNL_AfafSTFxnGv1MocIayYT8CgEe3N9oSj_k4hnFKH9mTHl7kl4TM-HwldLKWD

 

Instagramhttps://www.instagram.com/zephyr_translation/

 

Ameblohttps://ameblo.jp/zephyrtrans

 

コメント

このブログの人気の投稿

新境地 ~YouTube撮影~

先日、初めてYouTubeの動画を撮影致しました。 メキシコ人とのスペイン語対談だったのですが、 「メキシコと日本の文化の違い」をテーマに三重県伊勢市の音楽スタジオにて 2時間程の撮影を行いました。 YouTubeの動画は5分~10分の尺が丁度気軽に見易い時間の為、 下記の5つのカテゴリーに分け、 各カテゴリー別でひとつの撮影が終わる毎に、カットを挟みつつトークを展開致しました。 1.    食文化の違い (メキシコ料理の魅力とメキシコ人の日本の料理に対する印象) 2.    気候 (暑さや寒さ、夏の湿度、雪、北部・中部・南部での気温の違い) 3.    国民性 (陽気、真面目、勤勉、等々) 4.    経済 (日本との貿易関係、食材の輸出入、カンクンやメキシコシティー等の観光資源) 5.    その他の文化の違い (大まかな文化面での相違点) メキシコと日本は大きく異なっているイメージをお持ちの方々が多いと思いますが、 日本人と共通する部分が多く、親近感を感じる国です。 又、往々にしてメキシコ人は親日家の為、 概ね相思相愛であると言っても過言ではないかもしれません。 日本人が持っているメキシコ人に関してのイメージの中にある パーティーや音楽が好きな陽気な国民性であることは間違いございませんが、 真面目で勤勉な人間性の部分も強く、 小生が今般対談したメキシコ人の友人も上記に然りです。 初めてのYouTube撮影ということで、最初は緊張したのですが、 「こうゆうことも楽しいな。」と充実感や達成感を味わえる有益な仕事でした。 又、対談相手が約10年来の友人の為、時間の経過と共に緊張感が薄れていき、 徐々にリラックスして話すことが出来ました。 MCの役割として、質問や話題を振りながら、 話してくれる内容に返答し、同時に次の質問を考えることで 脳をフル回転させる必要はありましたが、 なかなか経験出来ることではございませんので、 新鮮さを感じ、自分なりの新境地を開拓出来たような感覚になり嬉しかったです。 これから動画編集ソフトを使い、スペイン語を日本語に翻訳し、 字幕を付ける作業に移ります。 第二弾として、夏までにオランダ人との英語対談を予定しております。 テーマは主に「オランダと日

Hibernation ~冬眠~

本日から2月に入り、まさに冬真っ盛りですね。 このブログを書いている今、天気自体は快晴なのですが 幾分風が強く、外に出ることが少し億劫に感じます。 今週末は趣味の釣りを楽しもうと思っていたのですが、 この状況下では釣行がむずかしそうです。 毎年この冬の時期は風が強い日が多いことはさながら恒例行事と化していますが、 慣れているようで慣れきっていないと言いますか、 一年に一回、やはり寒いものは寒いの一言に尽きます。 年明けからお仕事で忙しくさせて頂いていることもありますが、 冬になってからは室内で過ごす時間が多くなりました。 そうです、まごうことなき絶賛冬眠中でございます。 表題の「Hibernation」という単語は英語で「冬眠」を意味します。 動詞では「Hibernate」=「冬眠する」となります。 英語には幾つかスペル(見た目)や発音、意味が好きな単語がございます。 外国人が日本語の漢字をかっこいいと思う感覚に似ているかもしれません。 上記の「Hibernation」もそうなのですが、 弊社の社名の「Zephyr」も好きな単語の一つです。 「Zephyr」は「春が来たことを知らせる風」という意味があり、 日本の春風とは定義が異なるのですが、カリフォルニア等の温暖な気候の場所で 冬が明け、そよそよとした温かい風がビーチを優しく吹き抜ける、 そのようなニュアンスを含んだ単語です。 時系列では「Hibernation」の後に「Zephyr」が来るといった具合になりますね。 冬眠の時期には自宅のこたつでぬくぬく温まったり、鍋やシチューを食べたり お風呂にゆったり浸かったりと冬ならではの楽しみもありますが、 物理的なこと以外では、小生の感覚として「充電」の意味合いが強いです。 スポーツ選手にはオフシーズンがありますが、 勿論、私には冬でもお仕事がありオフではございません。 只、プライベート面で外出を控えて、自宅で好きなドラマや映画を見たり 筋トレをしたり家事を頑張ったり沢山寝たり(笑)等、 室内だからこそ出来る楽しいことは沢山あります。 そういった充電期間を経て、春がやってきます。 私は毎年大体3月になると釣りに出掛ける頻度が増えます。 それは釣り仲間も然りで、海沿いの風が強い冬を

世界の正月

2020 年の幕が開けました。 皆様、お正月は如何お過ごしになられたでしょうか。 日本では、実家に帰省したり、海外・国内旅行にお出掛けになる方々が多いと思います。 かくゆう小生は地元で釣りとバーベキューをしながら正月の連休を過ごしました。 では、世界の正月事情はどうなのでしょうか。 イタリアでは正月は友人達や恋人と過ごす方達が多いです。 クリスマスは家族や親族と過ごす一方で正月は気心知れた仲間達と食材を持ち寄って ホームパーティーをしたり、レストランで新年を祝ったり、 イタリア国内や隣国のスイス等のスキー・スノーボード場で カウントダウンイベントに参加したりします。 年始にも関わらずオープンしているレストランが多いことが特徴的です。 往々にして、クリスマスと正月の過ごし方は 日本の傾向と比較すると真逆であると言えます。 小さなお子様がいる日本の家族の場合は異なりますが。 因みに、元日= 1 月 1 日というのは今は当たり前なのですが、 昔は正月が 3 月や 12 月だった国があったそうです。 イタリアでもベネツィアでは 3 月 1 日や南イタリアでは 12 月 1 日等、 地域によって異なっていた時代がございました。 一説によると、 1 月 1 日を元日に制定したのは 1850 年頃のローマ教皇だそうです。 それが世界中に広まり、どの国でも元日= 1 月 1 日と定まったとのことです。 食べ物関連では、豆類や粒になっているもの全般を食べると 金運が上昇するという言い伝えがあります。 あとは腸詰めのソーセージ(スペインでいうところのチョリーソ、 フランスのアンドゥイエットと類似)も伝統的によく食されるのですが、 脂っぽく塩味が少々強めな為、人によって好みが分かれます。 スペインもおおよそイタリアと同様の過ごし方をする傾向がございますが、 大晦日のマドリードでは伝統的な風習があり 「 Puerta del Sol 」という日本でいうところの渋谷のような都心の中心の広場に 大晦日の夜に集まり、年越しと共に 12 粒のブドウを食べる文化が定着しております。 広場の中心の建物にある鐘が 12 回