スキップしてメイン コンテンツに移動

今の時代の海外生活(留学スタイル)

21世紀に入る前と今とでは海外で暮らす生活様式が劇的に変わりました。

理由は、ご周知の通り、スマホの登場です。


小生がスペインやアメリカに留学していた時は

パソコンは最早皆にとって生活の一部として

学業やプライベートで重宝されておりましたが、

その頃は勿論LINEもZoomもなく、ガラケーの為、

YouTubeやhulu、DAZN等の動画サイトを見ることも出来ない時代でした。


"Before After"のような話になりますが、今はどうでしょう。

誰しもがスマホを持ち、海外にいながらも

日本のドラマや野球等のスポーツを合法的に見ることが出来る時代となりました。


ITの進化のおかげで日本との距離が縮まり、

ホームシックになる人が減少したと推察致します。




大きな利便性の一つとして、家族や友人との電話やメールでの連絡が

無償でやり取り出来る点だと思います。

例えば、イタリアのフィレンツェに住んでいる方は、

建造物や景色を写真及び動画で気軽に日本に送ることが可能です。

さながら、北海道や沖縄にいるような距離感の感覚をスマホは与えてくれます。


又、海外で働く駐在員さんや留学生の家族にとって、

時差はあるものの気軽にコミュニケーションが取れることは

無事に暮らしていることを知らせることが出来る安心感に繋がります。

小生がスペインに住んでいた頃は、

最初は国際郵便のエアーメールで日本の友人とやり取りをしておりました。

その後、eメールが普及し始めた時は「なんて便利なんだ!」と

喜んだことを今となっては遡及しています。




只、スマホによるテクノロジーの革新には一長一短の要素も伴っていると存じます。

例えば、小生の留学時代には自宅にいる時は大体課題をこなし、

週末は外国人のクラスメートと遊びに行く機会が多かったです。


今の留学生活では、スマホやパソコンがあれば、

自宅でも十分余暇を楽しむことが出来る為、外出回数が減り、

外国人との交流が少なくなっている傾向があるのではないでしょうか。


そのことにより、語学力の向上が少々遅れてしまう事象を

生み出している側面もあると存じます。


又、簡単な日常会話ならスマホの通訳・翻訳アプリで賄えることで

留学当初の語学力がまだ高くない時期はITに

ついつい頼ってしまうというデメリットも生じるかと思います。


「何事も物は使いよう」と言いますが、

まさにスマホもそれに該当していると確信しております。


あまりに画面を見過ぎると眼精疲労により身体に色々な影響を及ぼすことや

折角の留学生活の時間をフル活用出来ない可能性を秘めていること、

あくまでも活用方法次第で一長一短のメリット・デメリットが生じてきます。


只、利便性が高いことはまごうことなき事実で、

小生も公私共に於いてスマホを最大限活用しております。


何事も程良い距離感を保って、節度を持って、付き合うことが肝要ですよね。






【事業内容】

■ 翻訳・通訳 

■ 海外現地通訳 

■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正

■ 映像翻訳


〒516-0221

三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地

TEL&FAX:0599-69-3737


通訳・翻訳 

株式会社ゼファートランスレーション


HP:https://www.zephyr-translation.co.jp/


YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCUu-S5-Ae9V-jT85hB6mjLw


Facebook:https://www.facebook.com/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BEZephyr-Translation-963580727156235/?


Twitter:https://twitter.com/home?lang=ja

eid=ARA6CasMJ4FrnlzfCMNL_AfafSTFxnGv1MocIayYT8CgEe3N9oSj_k4hnFKH9mTHl7kl4TM-HwldLKWD


Instagram:https://www.instagram.com/zephyr_translation/


Ameba:https://ameblo.jp/zephyrtrans/

コメント

このブログの人気の投稿

新境地 ~YouTube撮影~

先日、初めてYouTubeの動画を撮影致しました。 メキシコ人とのスペイン語対談だったのですが、 「メキシコと日本の文化の違い」をテーマに三重県伊勢市の音楽スタジオにて 2時間程の撮影を行いました。 YouTubeの動画は5分~10分の尺が丁度気軽に見易い時間の為、 下記の5つのカテゴリーに分け、 各カテゴリー別でひとつの撮影が終わる毎に、カットを挟みつつトークを展開致しました。 1.    食文化の違い (メキシコ料理の魅力とメキシコ人の日本の料理に対する印象) 2.    気候 (暑さや寒さ、夏の湿度、雪、北部・中部・南部での気温の違い) 3.    国民性 (陽気、真面目、勤勉、等々) 4.    経済 (日本との貿易関係、食材の輸出入、カンクンやメキシコシティー等の観光資源) 5.    その他の文化の違い (大まかな文化面での相違点) メキシコと日本は大きく異なっているイメージをお持ちの方々が多いと思いますが、 日本人と共通する部分が多く、親近感を感じる国です。 又、往々にしてメキシコ人は親日家の為、 概ね相思相愛であると言っても過言ではないかもしれません。 日本人が持っているメキシコ人に関してのイメージの中にある パーティーや音楽が好きな陽気な国民性であることは間違いございませんが、 真面目で勤勉な人間性の部分も強く、 小生が今般対談したメキシコ人の友人も上記に然りです。 初めてのYouTube撮影ということで、最初は緊張したのですが、 「こうゆうことも楽しいな。」と充実感や達成感を味わえる有益な仕事でした。 又、対談相手が約10年来の友人の為、時間の経過と共に緊張感が薄れていき、 徐々にリラックスして話すことが出来ました。 MCの役割として、質問や話題を振りながら、 話してくれる内容に返答し、同時に次の質問を考えることで 脳をフル回転させる必要はありましたが、 なかなか経験出来ることではございませんので、 新鮮さを感じ、自分なりの新境地を開拓出来たような感覚になり嬉しかったです。 これから動画編集ソフトを使い、スペイン語を日本語に翻訳し、 字幕を付ける作業に移ります。 第二弾として、夏までにオランダ人との英語対談を予定しております。 テーマは主に「オランダと日

世界の正月

2020 年の幕が開けました。 皆様、お正月は如何お過ごしになられたでしょうか。 日本では、実家に帰省したり、海外・国内旅行にお出掛けになる方々が多いと思います。 かくゆう小生は地元で釣りとバーベキューをしながら正月の連休を過ごしました。 では、世界の正月事情はどうなのでしょうか。 イタリアでは正月は友人達や恋人と過ごす方達が多いです。 クリスマスは家族や親族と過ごす一方で正月は気心知れた仲間達と食材を持ち寄って ホームパーティーをしたり、レストランで新年を祝ったり、 イタリア国内や隣国のスイス等のスキー・スノーボード場で カウントダウンイベントに参加したりします。 年始にも関わらずオープンしているレストランが多いことが特徴的です。 往々にして、クリスマスと正月の過ごし方は 日本の傾向と比較すると真逆であると言えます。 小さなお子様がいる日本の家族の場合は異なりますが。 因みに、元日= 1 月 1 日というのは今は当たり前なのですが、 昔は正月が 3 月や 12 月だった国があったそうです。 イタリアでもベネツィアでは 3 月 1 日や南イタリアでは 12 月 1 日等、 地域によって異なっていた時代がございました。 一説によると、 1 月 1 日を元日に制定したのは 1850 年頃のローマ教皇だそうです。 それが世界中に広まり、どの国でも元日= 1 月 1 日と定まったとのことです。 食べ物関連では、豆類や粒になっているもの全般を食べると 金運が上昇するという言い伝えがあります。 あとは腸詰めのソーセージ(スペインでいうところのチョリーソ、 フランスのアンドゥイエットと類似)も伝統的によく食されるのですが、 脂っぽく塩味が少々強めな為、人によって好みが分かれます。 スペインもおおよそイタリアと同様の過ごし方をする傾向がございますが、 大晦日のマドリードでは伝統的な風習があり 「 Puerta del Sol 」という日本でいうところの渋谷のような都心の中心の広場に 大晦日の夜に集まり、年越しと共に 12 粒のブドウを食べる文化が定着しております。 広場の中心の建物にある鐘が 12 回

Hibernation ~冬眠~

本日から2月に入り、まさに冬真っ盛りですね。 このブログを書いている今、天気自体は快晴なのですが 幾分風が強く、外に出ることが少し億劫に感じます。 今週末は趣味の釣りを楽しもうと思っていたのですが、 この状況下では釣行がむずかしそうです。 毎年この冬の時期は風が強い日が多いことはさながら恒例行事と化していますが、 慣れているようで慣れきっていないと言いますか、 一年に一回、やはり寒いものは寒いの一言に尽きます。 年明けからお仕事で忙しくさせて頂いていることもありますが、 冬になってからは室内で過ごす時間が多くなりました。 そうです、まごうことなき絶賛冬眠中でございます。 表題の「Hibernation」という単語は英語で「冬眠」を意味します。 動詞では「Hibernate」=「冬眠する」となります。 英語には幾つかスペル(見た目)や発音、意味が好きな単語がございます。 外国人が日本語の漢字をかっこいいと思う感覚に似ているかもしれません。 上記の「Hibernation」もそうなのですが、 弊社の社名の「Zephyr」も好きな単語の一つです。 「Zephyr」は「春が来たことを知らせる風」という意味があり、 日本の春風とは定義が異なるのですが、カリフォルニア等の温暖な気候の場所で 冬が明け、そよそよとした温かい風がビーチを優しく吹き抜ける、 そのようなニュアンスを含んだ単語です。 時系列では「Hibernation」の後に「Zephyr」が来るといった具合になりますね。 冬眠の時期には自宅のこたつでぬくぬく温まったり、鍋やシチューを食べたり お風呂にゆったり浸かったりと冬ならではの楽しみもありますが、 物理的なこと以外では、小生の感覚として「充電」の意味合いが強いです。 スポーツ選手にはオフシーズンがありますが、 勿論、私には冬でもお仕事がありオフではございません。 只、プライベート面で外出を控えて、自宅で好きなドラマや映画を見たり 筋トレをしたり家事を頑張ったり沢山寝たり(笑)等、 室内だからこそ出来る楽しいことは沢山あります。 そういった充電期間を経て、春がやってきます。 私は毎年大体3月になると釣りに出掛ける頻度が増えます。 それは釣り仲間も然りで、海沿いの風が強い冬を