スキップしてメイン コンテンツに移動

世界の正月

2020年の幕が開けました。
皆様、お正月は如何お過ごしになられたでしょうか。

日本では、実家に帰省したり、海外・国内旅行にお出掛けになる方々が多いと思います。
かくゆう小生は地元で釣りとバーベキューをしながら正月の連休を過ごしました。

では、世界の正月事情はどうなのでしょうか。

イタリアでは正月は友人達や恋人と過ごす方達が多いです。
クリスマスは家族や親族と過ごす一方で正月は気心知れた仲間達と食材を持ち寄って
ホームパーティーをしたり、レストランで新年を祝ったり、
イタリア国内や隣国のスイス等のスキー・スノーボード場で
カウントダウンイベントに参加したりします。
年始にも関わらずオープンしているレストランが多いことが特徴的です。










往々にして、クリスマスと正月の過ごし方は
日本の傾向と比較すると真逆であると言えます。
小さなお子様がいる日本の家族の場合は異なりますが。

因みに、元日=11日というのは今は当たり前なのですが、
昔は正月が3月や12月だった国があったそうです。
イタリアでもベネツィアでは31日や南イタリアでは121日等、
地域によって異なっていた時代がございました。
一説によると、11日を元日に制定したのは1850年頃のローマ教皇だそうです。
それが世界中に広まり、どの国でも元日=11日と定まったとのことです。

食べ物関連では、豆類や粒になっているもの全般を食べると
金運が上昇するという言い伝えがあります。
あとは腸詰めのソーセージ(スペインでいうところのチョリーソ、
フランスのアンドゥイエットと類似)も伝統的によく食されるのですが、
脂っぽく塩味が少々強めな為、人によって好みが分かれます。

スペインもおおよそイタリアと同様の過ごし方をする傾向がございますが、
大晦日のマドリードでは伝統的な風習があり
Puerta del Sol」という日本でいうところの渋谷のような都心の中心の広場に
大晦日の夜に集まり、年越しと共に12粒のブドウを食べる文化が定着しております。
広場の中心の建物にある鐘が12回鳴らさられるのですが、12回は12か月を意味します。
ブドウを一粒食べる毎に一年の内の一ヶ月毎を振り返ろうという風習です。
例えば、7回目の鐘の場合は7月に起こった出来事を遡及しようという伝統行事です。


中国では毎年1月の春節(旧正月)が有名です。
その年によって元日の日付が変わるのですが、2020年は1/25(土)が元日にあたり、1/24(金)~1/30(木)の期間は7連休になります。
これは中国のみならず、華僑が多く住むシンガポールやマレーシア等、
世界中の華人にとっての一年の内で最も長い大型連休となります。
又、10月初旬の国慶節も日本での爆買いに起因し知名度が高いですね。










韓国でもソルラルと呼ばれる旧正月があり、
これも中国の春節と同様に年によって期間が変動するのですが、
今年は1/24(金)~1/27(月)の4日間が連休となります。
11日よりもソルラルを盛大に祝う風習があり、
旅行に出掛ける方々もいるのですが、基本的には親族や地域の人達と過ごしたり、
お子さん達はチマチョゴリと呼ばれる韓国の伝統的な晴れ着を着用し
気持ちを新たにするといった風習がございます。











日本・イタリア・スペイン・中国・韓国等、国によって相違点が多く、
様々な色模様があり興味深いですね。











【事業内容】
■ 翻訳・通訳 
■ 海外現地通訳 
■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正
■ 映像翻訳

〒516-0221
三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地
TEL&FAX:0599-69-3737

通訳・翻訳 株式会社ゼファートランスレーション
HP:https://www.zephyr-translation.co.jp/





コメント

このブログの人気の投稿

HP英語版の完全復旧

一部不具合が生じていた弊社HPの英語版の全ページが閲覧可能となりました。     株式会社ゼファートランスレーション 代表取締役 田岡 悠一 【事業内容】 ■ 翻訳・通訳  ■ 海外現地通訳  ■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正 ■ 映像及び音声翻訳 〒516-0221 三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地 TEL&FAX:0599-69-3737 通訳・翻訳会社 HP : http://www.zephyr-translation.co.jp/

意外な外来語

普段、何気に日本語の中で使っている言葉が 実は外来語が意外に多いことをご存知でしょうか。   「テーブル」や「フォーク」等は英語の単語と知りつつ使う言葉ですが、 意外な国の言葉が日本でも市民権を得ている例が多いです。   その一部を今般ご紹介させていただきたく存じます。   【チェコ語】 <ロボット> 英語が語源のように思われがちですが、実はチェコ語の「 Robota 」に由来します。   【ドイツ語】 <アルバイト> 非常に意外に映ると思いますが、アルバイトはドイツ語の「 Arbeit 」が由来です。 日本語に浸透している言葉が英語でもなくドイツ語というのは意外性が強いですね。   【英語】 <簿記> 非常に意外な類に入ると思いますが、 実は簿記は英語の「 bookkeeping 」(ブックキーピング)に音を合わせたものだそうです。   <画廊> 「 gallery 」(ギャラリー)の音に字をあてた言葉との説があります。   <ハツ> 焼き鳥の言葉が英語から由来しているとは意外ですが、 焼き鳥のハツも実は英語の「 hearts 」(ハーツ:心臓)が語源となっているそうです。   <背広> 英語の「 civil clothes (シビルクローズ)」が由来という説があります。 その他にもイギリスの高級紳士服店街「サヴィル・ロウ( Savile row )」が訛った説や、 服職人が背を広く取って洋服を作ったところから付けられたという説もあります。   【ロシア語】 <イクラ> イクラはロシア語で「魚の卵」を意味しています。   <インテリ> 知識人を指すインテリは英語ではなくロシア語の「 intelligentsia 」が元になっています。 ロシア革命を題材とする小説を読むと頻繁に出てくる単語です。   <セイウチ> ロシア語の「シヴーチ」という言葉が由来だといいます。 確かに単語の響きが似ていますね。   【オランダ語】 <サボる> オランダ語の「 sabot 」が語源です。   <お転婆> 男勝りな女の子をさすお転婆という言葉は、 オランダ語の「 ontemba

「たられば歓迎」の考え方 ~Road to the new You~

「後悔先に立たず」という言葉がございますが、 ご周知の通り、何かネガティブなことが起こり、後から色々思うことがあったとしても 取り返しのつかない状態になっていることを意味する言葉です。 それがまごうとこなき現実ですが、着眼点を変えて後ろ向きな印象が色濃いことに 意図的に焦点を置いて考えてみました。   そう考えた理由は「後悔」と「向上」は表裏一体であると考えるからです。 悔やんでも好転しない状況ばかりを嘆くよりは 何故後悔しているのか、どうして失敗したのかの経緯と原因を俯瞰視し、 その反省材料を次に活かすことで自身の成長に繋がると確信しております。   「あの時ああしていたら失敗しなかったかもしれない」 「こう言えば・こうすれば良かったのかもしれない」 といった具合に過去を出来る限り客観的に遡及し、 「次は違うやり方を講じよう」と同じ轍を踏まない予防線にアンテナを張ることが レベルが上がった自分に出会える入口になると日々思っております。 「たられば」だけでくよくよしているだけでは未来の成功への糸口にはなりませんが、 「たられば」から派生する向上材料を出来る限りアイデアとして頭の中にストックし、 言動と行動に於いて違うアプローチを試みることで 今度はうまくいくかもしれないと期待感を抱いた方が 心が必然的にわくわくしてくるものだと思います。   何をどうするかは個人の選択の連続で、且つアプローチは千差万別ですが、 少ない選択肢に凝り固まるよりは他のインスピレーションを自己的に受容することで 仕事人としても人間としても幅が広がるきっかけに成り得ると思います。   柔軟性を持って臨機応変に常に生きていくことは非常にむずかしいことと存じますが、 極力意識的にそういう自分でありたいと思う気持ちを持つことこそが 既に上のステップに向かっている証なのではないでしょうか。   「後悔」という気持ちは度合いによっては 「満身創痍」の意味合いも兼ねるケースもあるかもしれませんが、 「向上」は「日進月歩」というベレルアップの軌跡を歩んでいると強く思います。   そういった気持ちを胸に今後も粉骨砕身で日々の業務に邁進して参ります。   【事業内容】