スキップしてメイン コンテンツに移動

世界の正月

2020年の幕が開けました。
皆様、お正月は如何お過ごしになられたでしょうか。

日本では、実家に帰省したり、海外・国内旅行にお出掛けになる方々が多いと思います。
かくゆう小生は地元で釣りとバーベキューをしながら正月の連休を過ごしました。

では、世界の正月事情はどうなのでしょうか。

イタリアでは正月は友人達や恋人と過ごす方達が多いです。
クリスマスは家族や親族と過ごす一方で正月は気心知れた仲間達と食材を持ち寄って
ホームパーティーをしたり、レストランで新年を祝ったり、
イタリア国内や隣国のスイス等のスキー・スノーボード場で
カウントダウンイベントに参加したりします。
年始にも関わらずオープンしているレストランが多いことが特徴的です。










往々にして、クリスマスと正月の過ごし方は
日本の傾向と比較すると真逆であると言えます。
小さなお子様がいる日本の家族の場合は異なりますが。

因みに、元日=11日というのは今は当たり前なのですが、
昔は正月が3月や12月だった国があったそうです。
イタリアでもベネツィアでは31日や南イタリアでは121日等、
地域によって異なっていた時代がございました。
一説によると、11日を元日に制定したのは1850年頃のローマ教皇だそうです。
それが世界中に広まり、どの国でも元日=11日と定まったとのことです。

食べ物関連では、豆類や粒になっているもの全般を食べると
金運が上昇するという言い伝えがあります。
あとは腸詰めのソーセージ(スペインでいうところのチョリーソ、
フランスのアンドゥイエットと類似)も伝統的によく食されるのですが、
脂っぽく塩味が少々強めな為、人によって好みが分かれます。

スペインもおおよそイタリアと同様の過ごし方をする傾向がございますが、
大晦日のマドリードでは伝統的な風習があり
Puerta del Sol」という日本でいうところの渋谷のような都心の中心の広場に
大晦日の夜に集まり、年越しと共に12粒のブドウを食べる文化が定着しております。
広場の中心の建物にある鐘が12回鳴らさられるのですが、12回は12か月を意味します。
ブドウを一粒食べる毎に一年の内の一ヶ月毎を振り返ろうという風習です。
例えば、7回目の鐘の場合は7月に起こった出来事を遡及しようという伝統行事です。


中国では毎年1月の春節(旧正月)が有名です。
その年によって元日の日付が変わるのですが、2020年は1/25(土)が元日にあたり、1/24(金)~1/30(木)の期間は7連休になります。
これは中国のみならず、華僑が多く住むシンガポールやマレーシア等、
世界中の華人にとっての一年の内で最も長い大型連休となります。
又、10月初旬の国慶節も日本での爆買いに起因し知名度が高いですね。










韓国でもソルラルと呼ばれる旧正月があり、
これも中国の春節と同様に年によって期間が変動するのですが、
今年は1/24(金)~1/27(月)の4日間が連休となります。
11日よりもソルラルを盛大に祝う風習があり、
旅行に出掛ける方々もいるのですが、基本的には親族や地域の人達と過ごしたり、
お子さん達はチマチョゴリと呼ばれる韓国の伝統的な晴れ着を着用し
気持ちを新たにするといった風習がございます。











日本・イタリア・スペイン・中国・韓国等、国によって相違点が多く、
様々な色模様があり興味深いですね。











【事業内容】
■ 翻訳・通訳 
■ 海外現地通訳 
■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正
■ 映像翻訳

〒516-0221
三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地
TEL&FAX:0599-69-3737

通訳・翻訳 株式会社ゼファートランスレーション
HP:https://www.zephyr-translation.co.jp/





コメント

このブログの人気の投稿

インフルエンサー(影響力)

「インフルエンサー」とは影響力が強い人のことを意味します。

社会的な影響力が強い方というと
やはり政治家や芸能人が筆頭に上がりますが、
職場(上司)や学校(先生)、家庭(両親)の中に於いても
インフルエンサーは確実におります。

2018年に開催されたロシアでのサッカーW杯では
日本代表がスタジアムのロッカールームを綺麗にして帰っていったことが
各国のSNSで話題に上りました。











「来た時よりも綺麗に」という日本の教育に於ける精神が
大人になってからも心のどこかに残っている、
そういった教育の結果が成せる業だと思います。

サッカーに於いては、
外国人のサポーターが「日本人サポーターは自分のゴミを自分で持って帰る」と
至極当たり前のように映る光景に驚く傾向が強いとよく聞きます。
「当たり前」というのは他の文化の人の観点から見ると
当たり前じゃないことも多々あると思います。

日本国内では街中にゴミが散乱している光景はなかなかないと思いますが、
欧米ではゴミの散乱が当たり前のようになっている都市もあり、
やはりカルチャーショックを感じさせます。

小生のプライベート面では、
釣りが好きなのでよく釣り場で色んな人と関わりますが、
釣り場をきれいにしよう・守ろうとの意識を持った知り合いがおります。

その方は釣り場に到着すると、最初にすることは清掃です。
先ず、いつも釣りをさせてもらっている海を守ることから始めます。

私もその方と釣りを通して時間を共有するにつれて
そういった精神は大事だなと核心的に思うようになりました。

インフルエンサー(影響力)です。

何か心に、熱く、正しく、誠意がある方の言葉や姿勢は影響力を及ぼすと思います。
そういった存在に私もなれるように極力尽力していきたいと思う所存です。





【事業内容】
■ 翻訳・通訳 
■ 海外現地通訳 
■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正
■ 映像翻訳
〒516-0221
三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地
TEL&FAX:0599-69-3737

通訳・翻訳 株式会社ゼファートランスレーション
HP:https://www.zephyr-translation.co.jp/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCUu-S5-Ae9V-jT85hB6mjLw
Facebook:

新境地 ~YouTube撮影~

先日、初めてYouTubeの動画を撮影致しました。
メキシコ人とのスペイン語対談だったのですが、
「メキシコと日本の文化の違い」をテーマに三重県伊勢市の音楽スタジオにて
2時間程の撮影を行いました。



YouTubeの動画は5分~10分の尺が丁度気軽に見易い時間の為、
下記の5つのカテゴリーに分け、
各カテゴリー別でひとつの撮影が終わる毎に、カットを挟みつつトークを展開致しました。

1.    食文化の違い
(メキシコ料理の魅力とメキシコ人の日本の料理に対する印象)
2.    気候
(暑さや寒さ、夏の湿度、雪、北部・中部・南部での気温の違い)
3.    国民性
(陽気、真面目、勤勉、等々)
4.    経済
(日本との貿易関係、食材の輸出入、カンクンやメキシコシティー等の観光資源)
5.    その他の文化の違い
(大まかな文化面での相違点)

メキシコと日本は大きく異なっているイメージをお持ちの方々が多いと思いますが、
日本人と共通する部分が多く、親近感を感じる国です。
又、往々にしてメキシコ人は親日家の為、
概ね相思相愛であると言っても過言ではないかもしれません。

日本人が持っているメキシコ人に関してのイメージの中にある
パーティーや音楽が好きな陽気な国民性であることは間違いございませんが、
真面目で勤勉な人間性の部分も強く、
小生が今般対談したメキシコ人の友人も上記に然りです。

初めてのYouTube撮影ということで、最初は緊張したのですが、
「こうゆうことも楽しいな。」と充実感や達成感を味わえる有益な仕事でした。
又、対談相手が約10年来の友人の為、時間の経過と共に緊張感が薄れていき、
徐々にリラックスして話すことが出来ました。

MCの役割として、質問や話題を振りながら、
話してくれる内容に返答し、同時に次の質問を考えることで
脳をフル回転させる必要はありましたが、
なかなか経験出来ることではございませんので、
新鮮さを感じ、自分なりの新境地を開拓出来たような感覚になり嬉しかったです。

これから動画編集ソフトを使い、スペイン語を日本語に翻訳し、
字幕を付ける作業に移ります。

第二弾として、夏までにオランダ人との英語対談を予定しております。
テーマは主に「オランダと日本の違い」で対談を展開していきます。
又、対談相手のオランダ人の友人は以前オーストラリアにも…

「危機感」の強さ

土壇場で力を発揮することは誰しも経験があるのではないでしょうか。
危機感のバロメーターが上がれば上がる程、 火事場の馬鹿力の様なその人が持つ強さの極みが顔を出すと思います。
学生時代のテスト前日の一夜漬けをされた方もいらっしゃると思いますが(小生含む)、 それはあくまでも記憶の詰め込みであって、 ある程度の効果があったとしても地力の基盤には成り得ず、付け焼き刃に過ぎません。
やはり地道な努力こそが知識や知恵の底上げに繋がることは間違いなく、 尚且つ、長期的なスパンの積み重ねが最も肝要かと存じます。
小生の経験談を申し上げさせて頂きますと、 スペインのマドリードに留学していた最初の半年間はまさに「危機感」に揺り動かされた期間でした。



誰一人知り合いがいない状況下で始まった日々の生活は スペイン語力のなさに起因し、語学学校での授業も日常生活での買い物すらままならない時もございました。 兎にも角にも、「言っていることが分からない」「言いたことが言えない」、そんな毎日でした。
ホームステイ先の家族も色々と助けてはくれましたが、 最終的にはやはり自力で語学スキルを磨くしかサバイバルする術はなく、 「このままではヤバい・・・・・・」という危機感が 本当に本気で、本気中の本気で、スペイン語習得への道へ導いてくれました。
どれだけ机に向かったか記憶がない程、 努力を努力と思う感覚すらない程 睡魔に襲われる深夜も無我夢中だったと思います。