スキップしてメイン コンテンツに移動

「危機感」の強さ

土壇場で力を発揮することは誰しも経験があるのではないでしょうか。

危機感のバロメーターが上がれば上がる程、
火事場の馬鹿力の様なその人が持つ強さの極みが顔を出すと思います。

学生時代のテスト前日の一夜漬けをされた方もいらっしゃると思いますが(小生含む)、
それはあくまでも記憶の詰め込みであって、
ある程度の効果があったとしても地力の基盤には成り得ず、付け焼き刃に過ぎません。

やはり地道な努力こそが知識や知恵の底上げに繋がることは間違いなく、
尚且つ、長期的なスパンの積み重ねが最も肝要かと存じます。

小生の経験談を申し上げさせて頂きますと、
スペインのマドリードに留学していた最初の半年間はまさに「危機感」に揺り動かされた期間でした。




誰一人知り合いがいない状況下で始まった日々の生活は
スペイン語力のなさに起因し、語学学校での授業も日常生活での買い物すらままならない時もございました。
兎にも角にも、「言っていることが分からない」「言いたことが言えない」、そんな毎日でした。

ホームステイ先の家族も色々と助けてはくれましたが、
最終的にはやはり自力で語学スキルを磨くしかサバイバルする術はなく、
「このままではヤバい・・・・・・」という危機感が
本当に本気で、本気中の本気で、スペイン語習得への道へ導いてくれました。

どれだけ机に向かったか記憶がない程、
努力を努力と思う感覚すらない程
睡魔に襲われる深夜も無我夢中だったと思います。




アメリカにいた時はまた別の違った危機感に、結果的に、助けられました。
もうそれは語学力云々ではなく、大学で色んな授業の単位を取っていく過程で
小論文を書く課題の多さに常に追われて、「やるしかない!」との気合で乗り切った感があります。




いつの間にか語学は勿論のこと、
色々な科目の知識が、気付いたら、付いていました。

これもやはり「危機感」が成せる業かと思います。
メンタル面でゾーンに入ることで集中力や行動力の極地に辿り着くのではないかと考えます。

仕事面でも通ずるものが間違いなくあり、
現状に慢心せず常に危機感を味方に付けることで向上していけると確信しております。








【事業内容】
■ 翻訳・通訳 
■ 海外現地通訳 
■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正
■ 映像翻訳

〒516-0221
三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地
TEL&FAX:0599-69-3737

通訳・翻訳 株式会社ゼファートランスレーション
HP:https://www.zephyr-translation.co.jp/





コメント

このブログの人気の投稿

HPのリニューアル

今般、弊社HPのリニューアルを行ないました。 (URL:https://www.zephyr-translation.co.jp/
起業時から約8年間使用してきたデザインにマイナーチェンジを加え、 弊社の事業展開に於いてここ数年の課題となっていたSEO対策にも大幅な強化を施しました。
どんなスマホでもサイトのスムーズな閲覧が可能なレスポンシブ対応を筆頭に サイトのタイトルやスニペット(ディスクリプション)の具体化・編集、 各SNS(Facebook、Twitter、Instagram、Ameblo、Blogger)のアイコンを表記し Skypeをお使いの方には無料でお電話頂ける様Skypeのアイコンも加えました。
又、Youtubeのアカウントも開設し、 今後メキシコ人とのスペイン語対談やオランダ人との英語対談、 外国人の真珠体験等国際色豊かな色々な動画をアップロードしていく予定です。 弊社の拠点である伊勢志摩地方の色々な場所での撮影も視野に入れております。 加えて、今後は通訳業務等の現場での写真も積極的に載せていきたいと思っております。

今年の令和元年の12月7日(土)を以て起業9年目に入らせて頂くということもあり、 心機一転という意味合いを込めたHPリニューアルになるのですが、 SEO対策をこれまでよりも一層強化することにより、 やはりこれまで以上に沢山の方々に弊社のことを知って頂きたいと切に願っております。
特にYouTubeの投稿動画にて小生や外国人のフリーランススタッフが 動いている姿・実際に外国語を喋っている姿をご覧頂くことで 人間味と現実感を感じて、もっと親近感を持って頂けましたら大変嬉しい限りです。
現時点でメキシコ人・オランダ人・スペイン人との対談を予定しておりますが、 内容は「文化の違いの面白さ」が主なトピックとなります。 小生はスペイン・マドリードとアメリカ・ニューヨークに 日本からのアウトバウンドとして合計で約8年間暮らしておりましたが、 メキシコ人達はインバウンドとして日本の文化に日々触れております。

海外挑戦(スポーツ)

日本人が海外に拠点を移し挑戦する。
留学も勿論挑戦することですが、
仕事面での挑戦はよりシビアで遣り甲斐があるのではないでしょうか。

スポーツの世界ではここ10~15年の間で
海外のチームに移籍する選手が当たり前という風潮が出来上がってきました。

野球では、野茂さんや松井さん、イチローさんの活躍が日本とアメリカの架け橋となり、
メジャーリーグでプレーする日本人選手が急増しました。
現在もヤンキースの田中投手や二刀流の大谷選手を筆頭に
何人もの選手がアメリカで躍動しております。



サッカーでは、イタリアで大活躍した中田ヒデさんや
オランダ・ロシア・イタリア・メキシコ・オーストラリアの5か国を渡り歩き、
再度ヨーロッパに挑戦すると噂されている本田選手等々、
ヨーロッパの各地で日本人選手が奮闘しております。









先日、18才の久保選手がスペインの名門クラブ・レアルマドリードと契約し、
注目度の高さ故にメディアでも騒がれました。



テニスは野球やサッカーとは違い、
どこかの国に居を移すというよりは、世界各国の大会に参加し
ツアーで回る形でしのぎを削っています。
只、錦織選手や大坂なおみ選手のようにアメリカを拠点とする選手もおります。

どのスポーツでも海外で活躍することは並大抵のことではないと強く思いますが、
より高いレベルに挑みステップアップしていくことは
常に上を目指す・前を向くというポジティブなスタンスの表れですので、
陰ながら応援したく、且つ、小生自身の向上心にもプラスの影響を与えてくれます。





【事業内容】
■ 翻訳・通訳 
■ 海外現地通訳 
■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正
■ 映像翻訳

〒516-0221
三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地
TEL&FAX:0599-69-3737

通訳・翻訳会社
HP:https://www.zephyr-translation.co.jp/

インフルエンサー(影響力)

「インフルエンサー」とは影響力が強い人のことを意味します。

社会的な影響力が強い方というと
やはり政治家や芸能人が筆頭に上がりますが、
職場(上司)や学校(先生)、家庭(両親)の中に於いても
インフルエンサーは確実におります。

2018年に開催されたロシアでのサッカーW杯では
日本代表がスタジアムのロッカールームを綺麗にして帰っていったことが
各国のSNSで話題に上りました。











「来た時よりも綺麗に」という日本の教育に於ける精神が
大人になってからも心のどこかに残っている、
そういった教育の結果が成せる業だと思います。

サッカーに於いては、
外国人のサポーターが「日本人サポーターは自分のゴミを自分で持って帰る」と
至極当たり前のように映る光景に驚く傾向が強いとよく聞きます。
「当たり前」というのは他の文化の人の観点から見ると
当たり前じゃないことも多々あると思います。

日本国内では街中にゴミが散乱している光景はなかなかないと思いますが、
欧米ではゴミの散乱が当たり前のようになっている都市もあり、
やはりカルチャーショックを感じさせます。

小生のプライベート面では、
釣りが好きなのでよく釣り場で色んな人と関わりますが、
釣り場をきれいにしよう・守ろうとの意識を持った知り合いがおります。

その方は釣り場に到着すると、最初にすることは清掃です。
先ず、いつも釣りをさせてもらっている海を守ることから始めます。

私もその方と釣りを通して時間を共有するにつれて
そういった精神は大事だなと核心的に思うようになりました。

インフルエンサー(影響力)です。

何か心に、熱く、正しく、誠意がある方の言葉や姿勢は影響力を及ぼすと思います。
そういった存在に私もなれるように極力尽力していきたいと思う所存です。





【事業内容】
■ 翻訳・通訳 
■ 海外現地通訳 
■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正
■ 映像翻訳
〒516-0221
三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地
TEL&FAX:0599-69-3737

通訳・翻訳 株式会社ゼファートランスレーション
HP:https://www.zephyr-translation.co.jp/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCUu-S5-Ae9V-jT85hB6mjLw
Facebook: