スキップしてメイン コンテンツに移動

スペインの食文化

今回は前回のイタリアに続き、スペインの食文化について書かせて頂きたいと思います。
小生は約4年間マドリードに住んだ経験があり、
スペイン料理は日本人の味覚にもよく合うので今でも大好きな料理です。



スペイン料理といえば何を思い浮かべますでしょうか。
やはり一番知名度の高いパエリアでしょうか。

パエリアは揺るぎない定番料理で、週に一度は家族みんなでお昼に食べる人気料理です。
週末に食卓を囲み、色んな話をしながらゆっくりと昼食を楽しむスタンスが一般的です。
バレンシアという地中海に面した南東部の都市がパエリア発祥の地と言われています。
バレンシアはバレンシアオレンジも有名ですね。

又、バルセロナでは米の代わりに細く切れた麺を入れるフィデウアというパエリアに似た料理もあります。

肉はイタリアと同様にビーフ・豚・チキン以外にもラムやウサギも食べます。
生ハムも勿論定番の食材で、丸々一匹のイベリコ豚をキッチンに置き、
必要な分だけ切って食べる家庭もあります。
イベリコ豚で特に人気なのが、ベジョータというどんぐりだけを食べて育った爪が黒い豚の生ハムです。
言うまでもなく、絶品です。

スペインは地中海にも大西洋にも面している国ですので、やはりシーフードもよく食べます。
大西洋側ではマグロの養殖をしており、獲れ高は世界有数です。
魚以外にもムール貝等の貝類やタコ・イカ・エビ等も好んで食べます。
エビが入った料理で日本にも浸透している料理といえばアヒージョがありますね。

スープ料理で有名なのはガスパチョというトマトの冷水スープがあります。
夏場の暑い時期の定番料理です。

個人的にかなりお気に入りのスペイン料理はトルティージャという卵料理です。
お好み焼きのような焼いた卵の形状の中にジャガイモやタマネギ等の野菜が入った優しい味で、
バル(日本でいうところの立ち飲み居酒屋のような庶民的な店)のメニューの中でも人気が高い料理です。

ボカディージョというフランスパンにハムやチーズを入れる食べ物も印象に残っています。
スペインではお弁当替わりにすることが多いです。

スペインにいた頃を色々遡及していると、舌鼓を打った思い出がフラッシュバックして
またスペインに行きたい気持ちになります。
和食も大好きですが、たまには異国のグルメも楽しみたいですよね。


株式会社ゼファートランスレーション
代表取締役 田岡 悠一

【事業内容】
■ 翻訳・通訳 
■ 海外現地通訳 
■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正
■ 映像及び音声翻訳

〒516-0221
三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地
TEL&FAX:0599-69-3737

通訳・翻訳会社
HPhttp://www.zephyr-translation.co.jp/

コメント

このブログの人気の投稿

HP英語版の完全復旧

一部不具合が生じていた弊社HPの英語版の全ページが閲覧可能となりました。     株式会社ゼファートランスレーション 代表取締役 田岡 悠一 【事業内容】 ■ 翻訳・通訳  ■ 海外現地通訳  ■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正 ■ 映像及び音声翻訳 〒516-0221 三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地 TEL&FAX:0599-69-3737 通訳・翻訳会社 HP : http://www.zephyr-translation.co.jp/

「たられば歓迎」の考え方 ~Road to the new You~

「後悔先に立たず」という言葉がございますが、 ご周知の通り、何かネガティブなことが起こり、後から色々思うことがあったとしても 取り返しのつかない状態になっていることを意味する言葉です。 それがまごうとこなき現実ですが、着眼点を変えて後ろ向きな印象が色濃いことに 意図的に焦点を置いて考えてみました。   そう考えた理由は「後悔」と「向上」は表裏一体であると考えるからです。 悔やんでも好転しない状況ばかりを嘆くよりは 何故後悔しているのか、どうして失敗したのかの経緯と原因を俯瞰視し、 その反省材料を次に活かすことで自身の成長に繋がると確信しております。   「あの時ああしていたら失敗しなかったかもしれない」 「こう言えば・こうすれば良かったのかもしれない」 といった具合に過去を出来る限り客観的に遡及し、 「次は違うやり方を講じよう」と同じ轍を踏まない予防線にアンテナを張ることが レベルが上がった自分に出会える入口になると日々思っております。 「たられば」だけでくよくよしているだけでは未来の成功への糸口にはなりませんが、 「たられば」から派生する向上材料を出来る限りアイデアとして頭の中にストックし、 言動と行動に於いて違うアプローチを試みることで 今度はうまくいくかもしれないと期待感を抱いた方が 心が必然的にわくわくしてくるものだと思います。   何をどうするかは個人の選択の連続で、且つアプローチは千差万別ですが、 少ない選択肢に凝り固まるよりは他のインスピレーションを自己的に受容することで 仕事人としても人間としても幅が広がるきっかけに成り得ると思います。   柔軟性を持って臨機応変に常に生きていくことは非常にむずかしいことと存じますが、 極力意識的にそういう自分でありたいと思う気持ちを持つことこそが 既に上のステップに向かっている証なのではないでしょうか。   「後悔」という気持ちは度合いによっては 「満身創痍」の意味合いも兼ねるケースもあるかもしれませんが、 「向上」は「日進月歩」というベレルアップの軌跡を歩んでいると強く思います。   そういった気持ちを胸に今後も粉骨砕身で日々の業務に邁進して参ります。   【事業内容】

新境地 ~YouTube撮影~

先日、初めてYouTubeの動画を撮影致しました。 メキシコ人とのスペイン語対談だったのですが、 「メキシコと日本の文化の違い」をテーマに三重県伊勢市の音楽スタジオにて 2時間程の撮影を行いました。 YouTubeの動画は5分~10分の尺が丁度気軽に見易い時間の為、 下記の5つのカテゴリーに分け、 各カテゴリー別でひとつの撮影が終わる毎に、カットを挟みつつトークを展開致しました。 1.    食文化の違い (メキシコ料理の魅力とメキシコ人の日本の料理に対する印象) 2.    気候 (暑さや寒さ、夏の湿度、雪、北部・中部・南部での気温の違い) 3.    国民性 (陽気、真面目、勤勉、等々) 4.    経済 (日本との貿易関係、食材の輸出入、カンクンやメキシコシティー等の観光資源) 5.    その他の文化の違い (大まかな文化面での相違点) メキシコと日本は大きく異なっているイメージをお持ちの方々が多いと思いますが、 日本人と共通する部分が多く、親近感を感じる国です。 又、往々にしてメキシコ人は親日家の為、 概ね相思相愛であると言っても過言ではないかもしれません。 日本人が持っているメキシコ人に関してのイメージの中にある パーティーや音楽が好きな陽気な国民性であることは間違いございませんが、 真面目で勤勉な人間性の部分も強く、 小生が今般対談したメキシコ人の友人も上記に然りです。 初めてのYouTube撮影ということで、最初は緊張したのですが、 「こうゆうことも楽しいな。」と充実感や達成感を味わえる有益な仕事でした。 又、対談相手が約10年来の友人の為、時間の経過と共に緊張感が薄れていき、 徐々にリラックスして話すことが出来ました。 MCの役割として、質問や話題を振りながら、 話してくれる内容に返答し、同時に次の質問を考えることで 脳をフル回転させる必要はありましたが、 なかなか経験出来ることではございませんので、 新鮮さを感じ、自分なりの新境地を開拓出来たような感覚になり嬉しかったです。 これから動画編集ソフトを使い、スペイン語を日本語に翻訳し、 字幕を付ける作業に移ります。 第二弾として、夏までにオランダ人との英語対談を予定しております。 テーマは主に「オランダと日