スキップしてメイン コンテンツに移動

柔らかさ、寛容性

今般書かせて頂く内容は表題に集約されるのですが、
柔和な感受性を持って人を看過出来るスタンスが如何に肝要かを
ここ数年特に感じております。
 
自分とは内面が違う人と相対した際、年代・生活環境・仕事環境・人間性等々、
違いを見付けようと意識せずとも気付いてしまうものだと思います。
 
人は違って当然。それが個性です。
 
個性がぶつかり合うこと=人間関係 との側面もありますが、
個性を受け入れあうこと=人間関係 が真髄ではないでしょうか。
 
個人的見解では、元来後者である方が人付き合いが円滑になると強く思います。
 
人には誰にでも人間性の面に於いて長所短所の一長一短があります。
とどのつまり、人には誰にでもいいところがあります。
そこに極力着眼することはそれ程むずかしいことなのでしょうか。
他人のいいところを発見した時に嬉しくなる気持ちは必然と考えます。
ひとつ、またひとつと発見する度にその人との関係性の幅が広がっていくからです。
又、それを本人に直接伝えることもポジティブスパイラルに繋がる要因と考えます。
 
一方で、人の欠点を見付けて、それを責める人に幸せは訪れるのでしょうか。
誰にでも欠点がある中で自身にもアラがあるにも関わらず、
そこから目を背け、自己を正当化し、
他人のアラの発見時から人を見下し、人を責め、更に自己肯定を続ける。
そんな負のスパイラルは関わる人にマイナスの感情しか生み出しません。
 
思慮なく他人を傷付ける人は自分が傷付いているからでしょう。
忘却が困難な精神的ダメージと脳内同居していると推測されます。
 
当人がいない状況で人のことを悪く言うなんてことは言語道断です。
陰口を言うことに心のブレーキが掛からず、本人に物申せない器量というのは
如何なのもかと常日頃感じます。
 
他人は自分とは違います。
言わずもがな、自分は他人とは違います。
それは家族内であっても然りではないでしょうか。
 
小生自身の体感と致しましては、
公私共に色んな人達と関わる中で、常に個性の渦の中にいます。
 
仕事面では職業柄外国人と接する機会が多い為、
色んな国籍の人達と折衝しながら、
日本にいるにも関わらず、他文化のカルチャーショックを受けることは稀ではありません。
 
私生活の面に於いても、同じ日本人に対しても類似のカルチャーショックを受けることがあります。
 
人は頑固になって自分のスタンスしか受け入れなくなるよりは
人を看過し、許し、受け入れて暮らしていく方が豊潤な日常になるのではないでしょうか。
 
スポンジのような柔和な寛容性を持つことが幸せな人間関係に繋がると確信しております。




【事業内容】
■ 翻訳・通訳 
■ 海外現地通訳 
■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正
■ 映像及び音声翻訳

〒516-0221
三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地
TEL&FAX:0599-69-3737

通訳・翻訳会社
HPhttp://www.zephyr-translation.co.jp/

コメント

このブログの人気の投稿

意外な外来語

普段、何気に日本語の中で使っている言葉が 実は外来語が意外に多いことをご存知でしょうか。   「テーブル」や「フォーク」等は英語の単語と知りつつ使う言葉ですが、 意外な国の言葉が日本でも市民権を得ている例が多いです。   その一部を今般ご紹介させていただきたく存じます。   【チェコ語】 <ロボット> 英語が語源のように思われがちですが、実はチェコ語の「 Robota 」に由来します。   【ドイツ語】 <アルバイト> 非常に意外に映ると思いますが、アルバイトはドイツ語の「 Arbeit 」が由来です。 日本語に浸透している言葉が英語でもなくドイツ語というのは意外性が強いですね。   【英語】 <簿記> 非常に意外な類に入ると思いますが、 実は簿記は英語の「 bookkeeping 」(ブックキーピング)に音を合わせたものだそうです。   <画廊> 「 gallery 」(ギャラリー)の音に字をあてた言葉との説があります。   <ハツ> 焼き鳥の言葉が英語から由来しているとは意外ですが、 焼き鳥のハツも実は英語の「 hearts 」(ハーツ:心臓)が語源となっているそうです。   <背広> 英語の「 civil clothes (シビルクローズ)」が由来という説があります。 その他にもイギリスの高級紳士服店街「サヴィル・ロウ( Savile row )」が訛った説や、 服職人が背を広く取って洋服を作ったところから付けられたという説もあります。   【ロシア語】 <イクラ> イクラはロシア語で「魚の卵」を意味しています。   <インテリ> 知識人を指すインテリは英語ではなくロシア語の「 intelligentsia 」が元になっています。 ロシア革命を題材とする小説を読むと頻繁に出てくる単語です。   <セイウチ> ロシア語の「シヴーチ」という言葉が由来だといいます。 確かに単語の響きが似ていますね。   【オランダ語】 <サボる> オランダ語の「 sabot 」が語源です。   <お転婆> 男勝りな女の子をさすお転婆という言葉は、 オランダ語の「 ontemba

HP英語版の完全復旧

一部不具合が生じていた弊社HPの英語版の全ページが閲覧可能となりました。     株式会社ゼファートランスレーション 代表取締役 田岡 悠一 【事業内容】 ■ 翻訳・通訳  ■ 海外現地通訳  ■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正 ■ 映像及び音声翻訳 〒516-0221 三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地 TEL&FAX:0599-69-3737 通訳・翻訳会社 HP : http://www.zephyr-translation.co.jp/

生活環境の好変化

言わずもがな、生活環境は非常に肝要です。   居心地のいい場所、住み心地のいい家にいるだけで高い充実感に繋がります。 小生は 10 年ほど前に生まれ育った地元に戻り、今も暮らしておりますが、 やはりリラックスの度合いは強く、安心感を持って日々を過ごしています。   マドリードやニューヨーク、大阪、東京等色々な場所に住みましたが、 生活場所を変える度に毎回感じていたことは、 環境を一変することで自分の中の空気を心機一転出来ることです。   新しい場所で新しいモノに触れ、新しい人達と知り合い刺激を受け、 経験値が増えることで人間性の研鑽に成り得ます。   海千山千の方々に憧れますが、 やはり当該経験値が突出していることは疑いの余地がありません。   勿論、生活環境を変えることによって戸惑いやストレスが生じることも事実ですが、 その都度忸怩たる思いを持って自分の成長材料に変換することが可能です。   「人間にとって一番大切なことは、個性。」と考えることが出来れば、 長所と短所を受け続けることが出来れば、一生成長期でいられるのではないでしょうか。   その基盤になるのがまごうことなき生活環境だと思います。   小生の仕事はテレワークであり、ユビキタスワーク(どこにいても出来る仕事)の為、 事務所だけで業務に臨む必要はございません。 パソコンとスマホがあれば、カフェや公園でもおおよその仕事が可能です。   諸事情で今月から別の仕事場を設けることになり、 メインの事務所から車で 1 時間程離れているのですが 新しい環境での業務となります。   業務内容は変わりはありませんが、違う場所で時間を過ごすことで これまでと異なる発想のアプローチでアイデアが浮かんでくるかもしれません。 すぐ近くに公園があるので、天気のいい日は太陽の下で 仕事をする時もあるかもしれません。   新しい環境が出来ることは常にワクワクを感じます。   建設的な気持ちで今後もお仕事に尽力して参る所存です。 【事業内容】 ■ 翻訳・通訳  ■ 海外現地通訳  ■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正 ■ 映像翻訳   〒 516