スキップしてメイン コンテンツに移動

イタリアの食文化

世界各国の食の多様性はご存知の通り豊富です。
今回はイタリアの食文化に関して書かせて頂きたいと思います。
下記内容は弊社登録のフリーランサー様(イタリア生まれイタリア育ちの日本人)から教示頂きました。



朝:エスプレッソかカプチーノ
  *成人はエスプレッソを飲む人が多い傾向にあり、朝はエスプレッソのみという社会人も多いです。
   子供はマドレーヌ等の菓子パンをミルクやカフェオレと共に食べたりします。
   朝食ビュッフェのあるホテルに泊まる場合は、オレンジジュースやヨーグルトも好んでチョイスしますが、
   往々にしてスクランブルエッグやソーセージ等の食べ物は朝はあまり食べないようです。

昼:パスタ、肉料理、サラダ、フルーツ
  *食後はエスプレッソ。やはりイタリアはコーヒーといえばエスプレッソの国です。
   一時期、ネスカフェの商品でジョージ・クルーニーが出演していたエスプレッソのCMがありますが、
   「Espresso. What else?」(エスプレッソ以外に何があるんだ?)というフレーズが
   イタリアの飲み物として象徴的なことですね。

夜:パスタやリゾット

やはり日本人が抱くイメージ通り、パスタ文化が色濃いです。
パスタは日本でよく見る細麺タイプ以外にもフェットチーネ(きしめんのような太麺)や
ペンネ(アラビアータに使用するタイプ)、ファルファッレ(ちょうちょのような形状)等多種多様です。

スープ(コンソメベースが主流)にもスープ用の細かなパスタやラビオリを入れたりします。
イタリアンで有名なスープと言えばミネストローネがありますね。

肉料理は牛・豚・チキン以外でもラムやウサギ等も食べます。
イースター(キリストが復活したことを祝う春の行事)の際は仔羊を食べる習慣もあります。

イタリア国内の地域(北部のミラノやヴェネツィアやトリノ、中部のフィレンツェやローマ、南部のナポリやシチリア)によって
シーフードを食べる頻度の違いが出てきますが、主となる食べ物は上記になるようです。

お子さんはポテトニョッキというイモ料理を好んで食べるそうです。
野菜料理といえば日本では野菜をディップして食べるバーニャカウダーの知名度が高いですね。
バーニャカウダーは北西の都市トリノが発祥と言われているようです。

ご周知の通り、イタリアはオリーブオイルやワインの世界有数の名産地で
勿論、チーズとハムもしょっちゅう食べます。

時々、中華や和食(寿司)等外国料理のレストランに行ったり、デリバリーを頼んだりするそうですが、
イタリア料理が一番という自国愛が強いので、イタリアンを食べることが多いようです。

イタリア料理は日本でも完全に市民権を得ている大人気料理ですね。
国によっての食文化の違いを楽しむことはグローバル時代の特権と言えそうです。



株式会社ゼファートランスレーション
代表取締役 田岡 悠一

【事業内容】
■ 翻訳・通訳 
■ 海外現地通訳 
■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正
■ 映像及び音声翻訳

〒516-0221
三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地
TEL&FAX:0599-69-3737

通訳・翻訳会社
HPhttp://www.zephyr-translation.co.jp/

コメント

このブログの人気の投稿

HP英語版の完全復旧

一部不具合が生じていた弊社HPの英語版の全ページが閲覧可能となりました。     株式会社ゼファートランスレーション 代表取締役 田岡 悠一 【事業内容】 ■ 翻訳・通訳  ■ 海外現地通訳  ■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正 ■ 映像及び音声翻訳 〒516-0221 三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地 TEL&FAX:0599-69-3737 通訳・翻訳会社 HP : http://www.zephyr-translation.co.jp/

意外な外来語

普段、何気に日本語の中で使っている言葉が 実は外来語が意外に多いことをご存知でしょうか。   「テーブル」や「フォーク」等は英語の単語と知りつつ使う言葉ですが、 意外な国の言葉が日本でも市民権を得ている例が多いです。   その一部を今般ご紹介させていただきたく存じます。   【チェコ語】 <ロボット> 英語が語源のように思われがちですが、実はチェコ語の「 Robota 」に由来します。   【ドイツ語】 <アルバイト> 非常に意外に映ると思いますが、アルバイトはドイツ語の「 Arbeit 」が由来です。 日本語に浸透している言葉が英語でもなくドイツ語というのは意外性が強いですね。   【英語】 <簿記> 非常に意外な類に入ると思いますが、 実は簿記は英語の「 bookkeeping 」(ブックキーピング)に音を合わせたものだそうです。   <画廊> 「 gallery 」(ギャラリー)の音に字をあてた言葉との説があります。   <ハツ> 焼き鳥の言葉が英語から由来しているとは意外ですが、 焼き鳥のハツも実は英語の「 hearts 」(ハーツ:心臓)が語源となっているそうです。   <背広> 英語の「 civil clothes (シビルクローズ)」が由来という説があります。 その他にもイギリスの高級紳士服店街「サヴィル・ロウ( Savile row )」が訛った説や、 服職人が背を広く取って洋服を作ったところから付けられたという説もあります。   【ロシア語】 <イクラ> イクラはロシア語で「魚の卵」を意味しています。   <インテリ> 知識人を指すインテリは英語ではなくロシア語の「 intelligentsia 」が元になっています。 ロシア革命を題材とする小説を読むと頻繁に出てくる単語です。   <セイウチ> ロシア語の「シヴーチ」という言葉が由来だといいます。 確かに単語の響きが似ていますね。   【オランダ語】 <サボる> オランダ語の「 sabot 」が語源です。   <お転婆> 男勝りな女の子をさすお転婆という言葉は、 オランダ語の「 ontemba

「たられば歓迎」の考え方 ~Road to the new You~

「後悔先に立たず」という言葉がございますが、 ご周知の通り、何かネガティブなことが起こり、後から色々思うことがあったとしても 取り返しのつかない状態になっていることを意味する言葉です。 それがまごうとこなき現実ですが、着眼点を変えて後ろ向きな印象が色濃いことに 意図的に焦点を置いて考えてみました。   そう考えた理由は「後悔」と「向上」は表裏一体であると考えるからです。 悔やんでも好転しない状況ばかりを嘆くよりは 何故後悔しているのか、どうして失敗したのかの経緯と原因を俯瞰視し、 その反省材料を次に活かすことで自身の成長に繋がると確信しております。   「あの時ああしていたら失敗しなかったかもしれない」 「こう言えば・こうすれば良かったのかもしれない」 といった具合に過去を出来る限り客観的に遡及し、 「次は違うやり方を講じよう」と同じ轍を踏まない予防線にアンテナを張ることが レベルが上がった自分に出会える入口になると日々思っております。 「たられば」だけでくよくよしているだけでは未来の成功への糸口にはなりませんが、 「たられば」から派生する向上材料を出来る限りアイデアとして頭の中にストックし、 言動と行動に於いて違うアプローチを試みることで 今度はうまくいくかもしれないと期待感を抱いた方が 心が必然的にわくわくしてくるものだと思います。   何をどうするかは個人の選択の連続で、且つアプローチは千差万別ですが、 少ない選択肢に凝り固まるよりは他のインスピレーションを自己的に受容することで 仕事人としても人間としても幅が広がるきっかけに成り得ると思います。   柔軟性を持って臨機応変に常に生きていくことは非常にむずかしいことと存じますが、 極力意識的にそういう自分でありたいと思う気持ちを持つことこそが 既に上のステップに向かっている証なのではないでしょうか。   「後悔」という気持ちは度合いによっては 「満身創痍」の意味合いも兼ねるケースもあるかもしれませんが、 「向上」は「日進月歩」というベレルアップの軌跡を歩んでいると強く思います。   そういった気持ちを胸に今後も粉骨砕身で日々の業務に邁進して参ります。   【事業内容】