スキップしてメイン コンテンツに移動

ASEAN(東南アジア諸国連合)

ASEANは、別名ASEAN10とも称され、インドネシアやタイ、ミャンマー、シンガポール等が加盟している東南アジア10ヶ国の経済や政治、安全保障等に於いての協力機構です。


日本・中国・韓国は加盟国ではございませんが、ASEAN+3(日中韓)として非常に積極的にASEANへの経済協力活動を展開しております。

 
過日、新聞やテレビでのニュースでも大々的に報道されました様に、新内閣が発足した際には、組閣直後に総理と副総理がそれぞれASEAN諸国への外遊(外交)を行いました。
どれ程日本がASEANを重要視しているかが一目瞭然の外交政策であると思われます。
 
2010年時点でのASEAN加盟国の合計GDPは約145兆円にも昇り、日本のGDPの約30%の規模を有しております。この数字は、EU(欧州連合)及びアメリカもメンバーであるNAFTA(北米自由貿易協定)の約15%の規模です。

 
インフラの整備を筆頭に、今後の東南アジアの経済市場は飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長していくことが見込まれております。
その要因となっておりますのは主に下記3点であるかと存じます。
 
①人件費を低く抑えられることによる海外生産拠点の東南アジアへの
シフト

 
ASEAN域内での人口が6億人を超える巨大マーケット
 *EU加盟国人口総数である約5億人よりも多い
 *NAFTA協定国(アメリカ・カナダ・メキシコ)の合計人口よりも
多い

 
③貿易が盛んで、輸出入の貿易額が約150兆円(平成2210月時点)
(出典:外務省HP記載のASEAN経済統計基礎資料)
 
貿易活性化の引き金となったのは、ASEAN加盟国それぞれによるアメリカやオーストラリア、韓国等の諸外国とのFTA(自由貿易協定)の締結であると考えられております。
関税の引き下げにより貿易を自由化し、経済発展に繋げる、こういった政策/交渉は現在も世界各国間でハイスピードで展開されております。

 
弊社でも貿易事業は今後の柱として捉えておりまして、ASEAN諸国が関係するビジネス拡大に尽力していく所存です。

 
日々の業務を行っていく中で、現時点でASEANの勢いを非常に強く感じる国はインドネシアです。

 
特に、ASEANの本部が置かれている首都・ジャカルタには既に日本企業が進出しており、日本人のビジネスマンが現地での商談や現地工場に赴く際の海外通訳業務には注力させて頂いております。
 
人口が24千万人を超えており、日本やブラジルよりも多く、世界第4位の人口数を誇っております。
ASEANの中でも特に経済成長が顕著であるのはやはりインドネシアであり、今後決して目を離せない存在です。

 
又、軍事政権にピリオドを打ったミャンマーの政権交代による今後の変革はASEANや日本にとっても建設的な未来に直結すると思われます。既に、インフラ整備を日本に委託しており、今後も政治・経済両面に於いて、日本との良好な関係性は続いていくものと思われます。
 
タイやベトナム、カンボジア、ラオス等の加盟国、そして既に経済先進国の仲間入りも視野に入っている中進国のシンガポール。
 
ASEANの光に期待です。


Zephyr Translation Co Ltdのブログ

株式会社ゼファートランスレーション
代表取締役 田岡 悠一

【事業内容】
■ 翻訳・通訳 
■ 海外現地通訳 
■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正
■ 映像及び音声翻訳


〒516-0221
三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地
TEL&FAX:0599-69-3737

通訳・翻訳会社
HPhttp://www.zephyr-translation.co.jp/

コメント

このブログの人気の投稿

HP英語版の完全復旧

一部不具合が生じていた弊社HPの英語版の全ページが閲覧可能となりました。     株式会社ゼファートランスレーション 代表取締役 田岡 悠一 【事業内容】 ■ 翻訳・通訳  ■ 海外現地通訳  ■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正 ■ 映像及び音声翻訳 〒516-0221 三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地 TEL&FAX:0599-69-3737 通訳・翻訳会社 HP : http://www.zephyr-translation.co.jp/

「たられば歓迎」の考え方 ~Road to the new You~

「後悔先に立たず」という言葉がございますが、 ご周知の通り、何かネガティブなことが起こり、後から色々思うことがあったとしても 取り返しのつかない状態になっていることを意味する言葉です。 それがまごうとこなき現実ですが、着眼点を変えて後ろ向きな印象が色濃いことに 意図的に焦点を置いて考えてみました。   そう考えた理由は「後悔」と「向上」は表裏一体であると考えるからです。 悔やんでも好転しない状況ばかりを嘆くよりは 何故後悔しているのか、どうして失敗したのかの経緯と原因を俯瞰視し、 その反省材料を次に活かすことで自身の成長に繋がると確信しております。   「あの時ああしていたら失敗しなかったかもしれない」 「こう言えば・こうすれば良かったのかもしれない」 といった具合に過去を出来る限り客観的に遡及し、 「次は違うやり方を講じよう」と同じ轍を踏まない予防線にアンテナを張ることが レベルが上がった自分に出会える入口になると日々思っております。 「たられば」だけでくよくよしているだけでは未来の成功への糸口にはなりませんが、 「たられば」から派生する向上材料を出来る限りアイデアとして頭の中にストックし、 言動と行動に於いて違うアプローチを試みることで 今度はうまくいくかもしれないと期待感を抱いた方が 心が必然的にわくわくしてくるものだと思います。   何をどうするかは個人の選択の連続で、且つアプローチは千差万別ですが、 少ない選択肢に凝り固まるよりは他のインスピレーションを自己的に受容することで 仕事人としても人間としても幅が広がるきっかけに成り得ると思います。   柔軟性を持って臨機応変に常に生きていくことは非常にむずかしいことと存じますが、 極力意識的にそういう自分でありたいと思う気持ちを持つことこそが 既に上のステップに向かっている証なのではないでしょうか。   「後悔」という気持ちは度合いによっては 「満身創痍」の意味合いも兼ねるケースもあるかもしれませんが、 「向上」は「日進月歩」というベレルアップの軌跡を歩んでいると強く思います。   そういった気持ちを胸に今後も粉骨砕身で日々の業務に邁進して参ります。   【事業内容】

新境地 ~YouTube撮影~

先日、初めてYouTubeの動画を撮影致しました。 メキシコ人とのスペイン語対談だったのですが、 「メキシコと日本の文化の違い」をテーマに三重県伊勢市の音楽スタジオにて 2時間程の撮影を行いました。 YouTubeの動画は5分~10分の尺が丁度気軽に見易い時間の為、 下記の5つのカテゴリーに分け、 各カテゴリー別でひとつの撮影が終わる毎に、カットを挟みつつトークを展開致しました。 1.    食文化の違い (メキシコ料理の魅力とメキシコ人の日本の料理に対する印象) 2.    気候 (暑さや寒さ、夏の湿度、雪、北部・中部・南部での気温の違い) 3.    国民性 (陽気、真面目、勤勉、等々) 4.    経済 (日本との貿易関係、食材の輸出入、カンクンやメキシコシティー等の観光資源) 5.    その他の文化の違い (大まかな文化面での相違点) メキシコと日本は大きく異なっているイメージをお持ちの方々が多いと思いますが、 日本人と共通する部分が多く、親近感を感じる国です。 又、往々にしてメキシコ人は親日家の為、 概ね相思相愛であると言っても過言ではないかもしれません。 日本人が持っているメキシコ人に関してのイメージの中にある パーティーや音楽が好きな陽気な国民性であることは間違いございませんが、 真面目で勤勉な人間性の部分も強く、 小生が今般対談したメキシコ人の友人も上記に然りです。 初めてのYouTube撮影ということで、最初は緊張したのですが、 「こうゆうことも楽しいな。」と充実感や達成感を味わえる有益な仕事でした。 又、対談相手が約10年来の友人の為、時間の経過と共に緊張感が薄れていき、 徐々にリラックスして話すことが出来ました。 MCの役割として、質問や話題を振りながら、 話してくれる内容に返答し、同時に次の質問を考えることで 脳をフル回転させる必要はありましたが、 なかなか経験出来ることではございませんので、 新鮮さを感じ、自分なりの新境地を開拓出来たような感覚になり嬉しかったです。 これから動画編集ソフトを使い、スペイン語を日本語に翻訳し、 字幕を付ける作業に移ります。 第二弾として、夏までにオランダ人との英語対談を予定しております。 テーマは主に「オランダと日