スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

自身に自信を持つことの肝要さ

「自信」というものは確かなモノのようで時に不確かで、 不確かに見えて確かなモノだと思います。 そして、一生成長していくモノだと確信しております。   自信を持つと人は明らかに変わります。 輝きます。 何故か惹きつけられる人・オーラがある人は上記に該当するのではないでしょうか。   では、自分に自信を持つことによって具体的に何が変わるのでしょうか。 小生は「全て」だと思っております。 どんな分野でもいいから、たった一つでもいいから人に胸を張れることを持つことで 社会的な承認欲求が満たされ、人に認められることにより、 人間性にも予想以上の多大な影響を及ぼす筈です。   一例として、性格が明るくなることは間違いないと考えます。 社交性が高まり、友人・知人が増えていくポジティブな流れに乗ります。 その新たな出会いと共に、違う分野の人達から好奇心をそそられ、 知識や経験のタワーが積み重なっていくことを感じます。   「類は友を呼ぶ」という言葉は、まさに的を射ていて、 陽気な人には陽気な人が寄ってきたり、 思い遣り深い人には同類の人達が友達になるんだと思います。   尚且つ、「自信」に関して非常に興味深いと思うことは、 自信は段階的に成長していく生きモノであることだと確信しております。   とどのつまり、「一生成長期」の階段を登っていく楽しさがあると考えます。   小生自身、起業してから幸運にも多くの案件の受注を頂いておりますが、 その中でも難易度の高い案件・自分の限界を突破する必要がある案件を クライアント様の期待以上にご満足頂ける形で完了出来た時は、 一つ上の「自分」と知り合えた様な嬉しい感覚になります。 そして、その「限界突破」は更に難しい案件がやってきた時に もう一段上に昇る導きを与えてくれると思っております。   その繰り返しでレベルアップを続け、成長することに酔い、 仕事を通して自身の人としての幅や感性を高めることに繋がることは この上ない極上の「おいしいモノ」に成り得ます。   仕事をしていると必ず壁がやってきますが、 拒否反応と同じ位、歓迎の気持ちを持てたら、 その時点で勝利への軌跡が始まって
最近の投稿

メンタル的なカツカレー

お察しの通り、ブログの表題が独特なのですが、 今般は「欲」を「カツカレー」に比喩しながら綴らさせて頂きたいと思います。   カツカレーは僕の好物の一つですが、皆様もお好きのことと推察します。 時折無性に食べたくなり、その都度舌鼓を打つことが多いです。   只、カツカレーをお腹一杯食べた後に他のものが食べられますでしょうか。 往々にして答えは NO だと思います。   例えば、カツカレーを食べた後に松阪牛の焼肉を出されても 食べられないのがお腹の現実だと思います。 「あと 5 時間後ぐらいなら食べれるけど・・・。」と思うことが本音です。   欲が一時的に満たされると至福感と共に欲の一時休止状態に陥ります。 8 時間ぐらい快眠した後にこれ以上は眠れないといった状態と類似していますよね。   そこに着眼点を置いたのですが、 やはり人間は欲を満たすことを幸せと感じ、 その満たされた欲が枯渇した時にまた欲が蘇生する連鎖になると思います。   その繰り返しを生きることが人間の性と思いますが、 それが無意識にも意識的にも日常生活に於いての楽しみになっている筈です。   先日、日曜日のよく晴れた日に地元の先輩達と釣りに出掛けました。 その日は潮の流れが芳しくなく、魚の活性が低かった 為、 残念ながら釣果は出なかったのですが、 魚もお腹一杯の状態ではどれだけ釣り人が頑張っても食い気がないのが現実です。 色々なルアーやオキアミ(小さいエビ)等で試行錯誤しましたが、 結局一匹も釣れずに納竿となりました。   その際に、魚も人間と同じなのではないかとふと脳裏をよぎりました。 もし海中にカツカレーがあるとして、それを魚が食べた後は 他の何にも興味を示さない筈です。   人間にも魚にも一時的な欲求の満たされ具合があり、 満足すると欲を忘れてしまいますが、 その時間が実は最も多幸感が強い状態ではないでしょうか。   「ないものねだり」という言葉がありますが、 満たされていない時に何かを欲しがり、枯渇すると次のターゲット(目標)を探す。 その本能じみた感覚が素直で愛おしくも感じると共に、 時にコントロールがきかないやんちゃな厄介者にも成

映像翻訳 ~弊社YouTubeチャンネル~

昨年、 YouTube に弊社アカウントを開設し、チャンネルを立ち上げました。 動画を作成するにあたり、 テーマとなるのは海外と関連していることと 翻訳後に字幕を付ける映像翻訳の 2 点です。   一本目はメキシコ人とスペイン語インタビューを行ないました。 メキシコと日本の違いを基としたトピックに関してトークを展開致しました。   <グルメ編> メキシコ料理の主食やその他日常的に好まれる食材等について掘り下げました。 日本の国土面積の 5 倍もある広大なメキシコでは、 東西南北の異なる気候下で育まれる食材は多彩で それをフル活用したトウモロコシ料理や野菜、果物、肉といった バリエーション豊富な食が特色です。 https://www.youtube.com/watch?v=yFPQ92fSgq8&t=2s (日本語字幕版) https://www.youtube.com/watch?v=cTLTv7yYNqo&feature=youtu.be (イタリア語字幕版)   <気候編> 上記のグルメ編の食材と共通致しますが、 広い国土の中で北部から南部、東部等日本以上に緯度も経度も大きく異なる為、 砂漠地帯があったり熱帯雨林があったりと色とりどりの顔を持つことが メキシコの気候の根幹となっております。 https://www.youtube.com/watch?v=hoeOb3SIWYU&t=61s ( 日本語字幕版 )   <経済編> 長年、メキシコと日本の外交は良好な関係を構築しており、 それは経済にも多大な影響を及ぼしています。 経済面では、自動車関連の貿易交流が盛んで、 メキシコには殆ど全ての日本の自動車メーカーの工場があり 沢山のメキシコ人の雇用需要を創出しています。 又、メキシコから日本に輸入されている製品や食材も多く、 相思相愛の関係と言っても過言ではございません。 https://www.youtube.com/watch?v=3bednk17Wsg&t=2s ( 日本語字幕版 )   <国民性編> 日本人が抱くメキシコ人に対してのイメージは まさに陽気でラテン系の気質と思われますが、